管理部

小芝 はる菜

Haruna Koshiba
Nadia株式会社に関わる全員が幸せになるために
管理部

小芝 はる菜

Haruna Koshiba
Nadia株式会社に関わる全員が幸せになるために

入社した理由

自分の理想がすべて詰まった環境

「土日休み・福利厚生がしっかりしている・女性でも長く働ける」
これは私が学生の頃就職活動の軸としていたものです。ワークライフバランスを重視し、地元の銀行へ総合職として入行しました。銀行では、窓口はもちろん、支店内の資金管理、資産運用相談、為替、個人融資、法人融資事務を経験し、一通りの業務を対応出来るようになりました。
尊敬できる上司にも恵まれ、やりがいを持って仕事をしていましたが、「ずっとこのまま銀行で働いていて、いつか銀行以外の世界に行ったら自分の市場価値はあるのだろうか。AIの技術が加速し銀行に必要とされなくなった時、やりたいと思った仕事に出会えた時、自分は仕事を選べる立場にいるのだろうか。」こんな思いを抱くようになり、”転職”を考え始めました。
「20代の今だからこそ選択できる道があること・成長意欲のある環境に身を置きたい」
”転職”を考え始めてからは、たくさんの人に出会い、たくさん話を聞き、自分の考えをまとめていきました。最終的に、「会社に守られた環境でワークライフバランスを重視して働く」のではなく、「自分の市場価値を高めるために、失敗も含めてがむしゃらに様々な経験を積んでいきたい。20代の今だからこそ、選択できる道がある。」という考えに行き着きました。そんな時に友人に微塵も考えていなかったベンチャー企業を勧められ、ネットで調べていた時にNadia株式会社に出会いました。
もともと「食」が人と人が仲良くなれるコミュニケーションのひとつとなると考えていたこと、いつかは「食」に携わりたいと思っていたこと、”一緒に”働く人のために頑張れる仕事であること、様々なことが経験できる環境であること、働いている人たちがいい人ばかりだったこと。Nadia株式会社に出会った瞬間、自分の理想がすべて詰まった会社だと思い、入社を決めました。
4年間の銀行キャリアに終止符を打ち、0からのスタートでしたが、人生で一番自分の未来を考え、そしてその未来にワクワクした瞬間でした。

私の仕事のこだわり/現在

Nadia株式会社メンバーを一番に考える

現在は、請求書対応や月次決算書作成等の経理業務から、応募者との日程調整・面接対応等の採用業務、給与計算や入社・退職、社会保険料の手続き等の労務、社内イベントや契約書管理の総務等バックオフィス全般に携わっています。
また、2021年3月に社名変更、高輪オフィスへ移転するにあたり、新オフィス探し、内装業者の方とのレイアウト考案、通信インフラの整備、法務局手続き等あらゆる経験をしました。
すべてが初めてで手探りながらも「どうやったら社員が働きやすい環境になるのか」を常に考え、様々なことを経験出来ることに感謝し、この経験が自身の成長に繋がることに楽しさ、嬉しさを見出しております。

今後の挑戦

唯一無二な会社になる基盤づくり

メンバーが働きやすい環境づくりや、ルール化、一風変わった面白い福利厚生など、Nadia株式会社で働くことで社員が仕事もプライベートも充実できるような制度を作っていきたいです。
また、守りと言われる部署でありながらも、どんな状況でも対応できるようにルールや制度、新しい仕組みの導入など柔軟に、かつ、攻めの姿勢もある部署にしていきたいと思っています。

こんな人に来て欲しい!

当事者意識を持って、人を大切に出来る方!

Nadia株式会社はまだまだ事業成長途中のため、前例のないことにも前向きに挑戦できる方、自ら道を作っていくことにワクワクできる方にはとても良い環境だと思います。また、不満なこと、嫌なことがあったときに会社のせいにするのではなく、「私たち」ならどうしていこうか、と当事者意識を持って会社の成長を考えてくれる方と一緒に仕事がしたいです。
そして何より、Nadia株式会社は「人」を大切にしています。一緒に働くメンバーはもちろんのこと、Nadia Artistやクライアントさまがいなくては現在のNadia株式会社はありません。会社に関わるすべての人が幸せになるような考えや行動が出来る方に来てほしいですし、自分も常にそうでありたいと思います。

Profile

津田塾大学 学芸学部 国際関係学科卒。ワークライフバランスを求めて地方銀行へ入行。4年間で支店内の役職以外のポジションをほぼ全て経験。2017年にNadia株式会社へ入社。経理、人事、総務、社長の雑務を担う。銀行で培った電卓捌きはNadia株式会社で1番。