CTO 執行役員兼プロダクト部 部長

大庭 丈徳

Takenori Ooba
開拓者精神×グロースハックで「おいしい」を届ける
CTO 執行役員兼プロダクト部 部長

大庭 丈徳

Takenori Ooba
開拓者精神×グロースハックで「おいしい」を届ける

入社した理由

グロースハッカーを目指して

2014年にNadia株式会社に入社する前は、システム開発会社に12年間勤め、プログラミング、インフラ関連技術といったエンジニアとして基本的なスキルだけではなく、プロジェクトマネジメント、組織マネジメント、社長直轄組織にて経営とはなにかを叩き込んでいただきました。
WEBを中心としたシステムの受託開発が主な仕事だったのですが、次第にシステム開発のスキルを使って、自分でサービスを作りたいと言う気持ちが強くなっていきました。当時グロースハッカーと呼ばれる職種が自分のやりたいことにぴったりだと感じており、組織の誰かが答えを知っている環境下で経験値を積むより、まだ無名なサービスを自分達の力で試行錯誤しながら成長させる経験を得たいと考えていました。
そんな時、知人の紹介により、まだ立ち上げて間もないWEBサービス(レシピサイトNadia)を運営している代表の葛城と出会いました。何度も会話を重ねるうちに、自分が得たい経験が得られる会社だと感じ、熟考の末、当時社員数3名だったNadia株式会社へ入社を決めました。
入社時には、1歳と3歳の子供がいたので、簡単に入社を決められたわけではなく、これまで人生で自分が選択してきた分岐点をすべて振り返り、本当に自分がやりたいことを考えぬいて答えを出したのを思い出します。

私の仕事のこだわり/現在

成長とチャレンジ精神

まず、入社後の経緯ですが、まず2014年4月の入社後2週間で、自社サービスであるレシピサイトNadiaのインフラを全て自社管轄のAWSへ移行し、サーバー運営費を半分に。 その3ヶ月後に、エンジニア3名体制でNadiaのシステムをフルスクラッチでリニューアル。リリース直前は人生で一番働いた1ヶ月でしたが、本当に自分が経験したい事だったので非常にやりがいがありました。会社に泊まりすぎて社長がエアベッドを買ってきてくれたのを覚えています。(笑)
その後、2014年8月に1度目の会社移転にて銀座のオフィスへ移りました。 趣味で作っていたAndroidアプリ開発の知識を活かし2014年10月にNadiaのAndroidアプリβ版をリリース。
これがベンチャーのスピード感かと驚愕しながらも駆け足でサービスを作り上げていきました。
組織の成長とともにNadiaも成長し、2016年10月に2度目の移転で日本橋のキッチンステージ付きオフィスに移転。2021年3月、3度目の移転で高輪に移転しました。
※この頃にはNadiaの利用者数は月間2000万人に到達していました。

Nadiaに入社してからはエンジニアとしての知識だけではなく、メディアをグロースさせるために必要な知識が非常に多く得られました。 具体的には・インフラ運用 ・SEOに関する知識 ・WEBサイトのUI/UXに関する知識 ・WEBマーケティングに関する知識・集客と行動分析・コミュニケーションスキル(エンジニア以外の人と話す機会が圧倒的に増えた)・ユーザーインタビューの意見を反映させた機能提供など。
仕事では「成長できているか?」「チャレンジできているか?」という事を常に気にしています。たとえリスクがあったとしても新しい技術や未知の分野に踏み込み、チャレンジし、成長し続ける精神が必要だと考えています。

今後の挑戦

ユーザーに価値のあるサービスを届ける

Nadiaもいまでは2000万人が使うメディアに成長しました。以前はNadiaをもっと多くの人に知ってもらいたいという一心で仕事をしていましたが、いまでは、NadiaArtistが考えた本当に素晴らしいレシピを活かし、新しい技術や仕組みを取り入れ、ユーザーの意見や声を反映し、ブラッシュアップする事で最高に価値のあるサービスをユーザーに届けていきたいと考えています。

こんな人に来て欲しい!

組織とメディアと自分の成長を喜べる人

1つの自社メディアに注力しているNadiaでは一人ひとりの仕事の成果の積み重ねが組織とメディアの成長に繋がっていると感じることがよくあります。能動的に仕事に取り組み、組織(チーム)とメディアと自分の成長を喜べる人。また、仲間の仕事をリスペクトし感謝できる人に是非来てほしいと思います。

Profile

受託開発会社で12年プログラムからプロジェクトマネージャーまでを経験。2014年にNadia株式会社へ入社。主なスキルは、プロジェクトマネジメント、PHP、インフラ(AWS)、Aurora(PostgreSQL)、SEO、アプリ開発など。